蓮如とは?

この記事は2分で読めます

仏教の教えは難しいと思いますよね。

ところが、これを分かり易く伝えようとしたお坊さんがいます。

 

しかも、手紙で。

それこそ、何百通も書いたすごいお坊さんが蓮如です。

 

蓮如が、どの様に過ごしたのか?その生涯や教えを調べましたので、読んでいただけると嬉しいです。


それでは、どうぞ。

 

蓮如とは?

 


蓮如とは、浄土真宗(じょうどしんしゅう)本願寺(ほんがんじ)第七世存如(ぞんにょ)の長男として生まれました。

 

同じ真宗宗派でしたが、下野高田の専修寺(せんじゅじ)や京都の仏光寺(ぶっこうじ)の繁栄にくらべて、本願寺のあまりにさびれように愕然として、15歳で本願寺の再興を決意。


 

そうです、このお寺を繁栄させたい情熱がほとばしりました。

 

17歳で得度(とくど)し、比叡山で学びを深めました。


 

そして、極貧ではありましたが、親鸞(宗祖)の経典に親しむ日々を送ったのです。

   

ところが、43歳のときに転機を迎えます。


父親が亡くなると、後継ぎ問題が生じました。

 

蓮如が庶子であることを理由に、父親の後室である如円尼(にょえんに)が、実の子供である応玄(おうげん)に跡を継がせようと動き出したのです。

 

しかも、門徒の多くが賛同していました。

 

その時に、ちょっとまった~と間に入ったのが、蓮如のおじさんである如乗でした。

 

如乗は蓮如の功績をたたえ、後継ぎは蓮如であることを主張し、説得にまわりました。

 

こうして、蓮如は本願寺第8世を後継することになりました。

 

蓮如の思想は一言で言うと、信心正因(しんじんしょういん)・称名報恩(しょうみょうほうおん)で表せます。

 

信心正因は、阿弥陀仏に一心に救済を頼めば、必ず阿弥陀仏は庶民を助けてくれて往生できる。

 

また、称名報恩は、親鸞のただ念仏するという、念仏以本(いほん)を更に進めたもので、助けて~という一念が往生できるかを決めるという考え方です。

 

こうして、本願寺では、蓮如の御恩報謝(ごおんほうしゃ)の念仏が主流となりました。

 

それからの蓮如は、めざましい活躍をしていきました。

 

信者へはわかりやすく教えを説いた手紙(御文または御文章)を何百通と送って、各地を巡業。

 

エネルギッシュな活動を展開していきました。

 

今で言う、通信教育のようなものですね。

 

通信布教というと分かり易いと思います。


 

その頃の基盤が、現在も各地の厚い信徒層のもとになっていると言えます。

 

その後は、京都山科に本願寺を建立。


五男の実如(じつにょ)に跡をゆだねて隠居。

 

山科で85歳で亡くなりました。

 

蓮如とは?~まとめ~

 


蓮如について、まとめてみました。

 

1.浄土真宗本願寺の第七世である存如の長男として生まれる。

2.本願寺のあまりにさびれように愕然として、15歳で本願寺の再興を決意。

3.蓮如の思想は一言で言うと、信心正因・称名報恩。

4.信心正因は、阿弥陀仏に一心に救済を頼めば、必ず阿弥陀仏は庶民を助けてくれて往生できる。

 

5.称名報恩は、助けて~という一念が往生できるかを決めるという考え方。

6.信者へはわかりやすく教えを説いた手紙(御文または御文章)を何百通と送って、各地を巡業。

7.京都山科に本願寺を建立。

8.五男の実如(じつにょ)に跡をゆだねて隠居。

9.山科で85歳で亡くなる。


いかがでしたか?

 

一時さびれていたとしても、本気で立て直すと、後世まで残る繁栄をもたらせることができるという事を、蓮如は教えてくれました。

 

それにしても、5人の奥さんがいた蓮如。

モテすぎですね(笑)。


最後までお読みいただきありがとうございました。

あわせて読みたい関連記事

    None Found
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016 11.21

    道鏡とは?

  2. 2016 11.17

    雪舟とは?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。