rikicyannの記事一覧

  1. 千手観音というと、やたらと手が多い観音さまというイメージが強いですね。 でも、多くの千手観音は、千本手がないんです。 なぜかわかりますか? そんな千手観音のことを調べてみました。 最後まで読んでいただけると嬉しいです…

  2. 薬師という字をみると、お医者さんの様な如来に見えますが、病気を治してくれる他にも、現世利益をかなえてくれる如来のことです。 なんだか、身近に感じる如来ですよね。 そんな薬師如来について、調べてみました。 最…

  3. 弥勒とは、慈しみを語源とした菩薩です。 広隆寺で見た弥勒菩薩像。 ほんとうに優しいお顔でした。 でも、何故?考えごとをしているのかなあ?と不思議ですよね。 それは、私達をどうやって浄土に連れて行ってあ…

  4. 極楽という言葉、よく聞きませんか? 温泉に入って、あ~♪ 極楽極楽と言葉を発する。 あの極楽です。 幸せな世界のイメージの代名詞ですよね。 その極楽、実は阿弥陀如来が支配する世界だったのです。 …

  5. 神社の前をとおると、お祭りの様に出店がならんで、にぎやかな日があります。 見ているだけでも、とても楽しいですよね♪ その日は、実はそこに祀られている神様と仲良くなれる日でもあるのです。 それを縁日(えんにち)と呼びます…

  6. お坊さんって、あの世の弁護士さんなのです。 ご存知でしたか? 人は亡くなると、あの世に行き、7日間隔で生きていた時の罪を裁判にかけられます。 その裁判で、罪を軽くさせるために、お坊さんはお経という形で弁護をして、故人の罪を…

  7. 阿弥陀如来とは? 阿弥陀如来様は、無量寿経(むりょうじゅきょう)によると、インドの王様がモデルとされています。 この王様が自分の王位を捨てて、師匠である世自在王(せじざいおう)如来によって示された極楽浄土に生まれるた…

  8. 仏教って、もともとは、お釈迦様が覚った内容を伝える教えですが、お弟子さんが教えをまとめていく内に、時代と共に、いろいろな解釈(表現)や目的・方法が生れました。 その大きな流れの元が、大乗と上座部…

  9. ある意味、私達の住む人間の世界も生きにくいと言っちゃえばそうですが、地獄はもっと生きていくには苦しい居場所。   そこから、家族を救ってあげ、極楽浄土へ送り出そうとしたのがお盆の始まりです。   ここでは、お盆の時期に、ご先祖様をあ…

  10. お釈迦様が生まれた時代。 世の中は肉体的な修行が当たり前の時代の中で、お釈迦様は、ふとある時に思いました。 肉体的修行では、これ以上ムリ。 心の苦しみには、こころの修行が絶対ひつようだ。…

RETURN TOP