1. お寺の修行よりも、絵を描くことが好きで、ある日、懲らしめるためお堂の柱にしばられた雪舟。   ところが、床に落ちた涙で絵を描いたところ、それが見事で、逆に絵を描くことを許されたと言う伝説も持ち主です。   みなさまも、自…

  2. 武士とお坊さんが試合をしたら、どちらが勝つでしょう? 当然、武士は刀を持ち、お坊さんは素手。 武士のが勝つと思いますよね。 でも、武士が負けを認めたのです。 この武士とは、柳生但…

  3. だ~るまさんが、ころんだ! という遊びを小さい頃によくしました。 子どもから、大人まで親しまれているだるまさん。 実在した人物です。 しかも、中国禅宗の祖とも言われています。 どの様にして、禅を伝えていったのか。 …

  4. もし、今の時代に道元禅師(どうげんぜんじ)がいて、救ってください!とたずねたら。 お経(おきょう)も念仏(ねんぶつ)も焼香(しょうこう)もいらないよ。 たったひとつの事をすれば良い、と答えてくれます…

  5. はるか昔のことです。 さあ、朝までおどりましょう。 何もかも忘れて、踊り明かしましょう。   そんな踊りが流行った時期があります。   今の時代、こころがストレスで満たされている時代だからこそ、心を空っぽにして、ただ踊…

  6. 平安時代の後期から鎌倉時代にかけて、庶民が一番行きたい、人気NO1の場所がありました。 どこか知っていますか? それは、極楽浄土(ごくらくじょうど)です。 え?それって、あの世のこと? そうです。みんな辛い世の中を耐え忍…

  7. 臨済宗を始めた栄西は、最初座禅にはまったく興味がありませんでした。 ところが、運命のいたずら。 当時の中国である、宋の国から日本へ帰ろうとしたら、暴風雨にあい帰れず。 しかたなく、上った天台山で運命的な出逢いがあります。 そして、日…

  8. 子どもの無邪気な行動そのものが、仏さまの心を表現している。 仏教の難しい教えを学ばなくても、子どもの生きる姿、そのものから教えを学ぶことができることを良寛和尚は教えます。 そんな良寛和尚が、私も好きで…

  9. 親鸞は、お坊さん。 でも、奥さんや子供がいました。 その当時の社会では、絶対にありえないことでした。 でも、実現しました。 何故だと思いますか? 私も歴史を調べている…

  10. 一休さんというと、あわてない、あわてない、一休み!一休み!という名言で始まる、アニメの一休さんが、私のイメージです。 でも、あの一休さんは、実在したお坊さんの一休宗純さんがモデルではあるものの、とんち話等の内容はフィクショ…

RETURN TOP